SABU監督「jam」がモスクワ映画祭コンペに参加

jam_sabu

昨年弊社がドイツ・ベルリンでポスト・プロダクションのサポートをさせていただいた
SABU監督の作品「jam」が第41回モスクワ国際映画祭のコンペティション部門に招待されることが発表されました。

非常に疾走感のある作品で、音楽と映像の絡みも絶妙で、そこにそれぞれの
背景を持った3人の主人公が交差していくストーリーです。

SABU監督としては、2017年のベルリン国際映画祭コンペに参加の「Mr. Long」に続いて、
世界四大映画祭に数えられる伝統ある国際映画祭コンペへの2作品連続の参加となる。

jam予告編

Mr. Longトレイラー

環境問題にアクションを起こす若者たちLocation Scouting for Anime and Manga