業務委託規約

[:ja]当社との取引をご計画の方、取引をすでにされている方はこちらの一読をお願いいたします。 第1条(適用) 本規約は、委託主と当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。 本規約は、第2条(利用登録)で述べているように、取引が成立した段階で委託主はこの業務委託規約に同意したことになります。 第2条(利用登録) 委託主が当社の見積もりを書面(メール)にて承認することによって、取引が成立するものとします。 当社は、委託主に以下の事由があると判断した場合、業務請負を行わないことがあり、その理由については一切の開示義務を負わないものとします。 (1)取引に際して虚偽の事項を届け出た場合 (2)本規約に違反したことがある者からの連絡がある場合 (3)その他、当社が業務請負を相当でないと判断した場合 第3条(利用料金および支払方法) 委託主は、弊社サービス利用の対価として、見積もりを通して取り決めた金額を、当社が指定する方法により支払うものとします。 プロジェクトが始まる2週間前には委託主は当社に見積もりの合計額の60%を支払う必要があります。 委託主が料金の支払を遅滞した場合には、委託主は支払い期限日翌日よりドイツの法律に基づいて 全体額の5%の催促料(Mahngebühren)を加算した請求書が発行されます。 第4条(機密の保持) 委託主と当社は本契約に関連して知り得たの営業上等の機密、 技術、ノウハウその他取引上の機密を、本契約期間中はもちろんのこと 本契約期間終了後においても、承諾なく他に漏洩又は開示してはならない。 第5条(個人情報の取扱い) 当社は、当社サービスを通じて取得した委託主の個人情報を当社によって定められた利用目的の範囲内で 利用するものとし、委託主はこれに同意するものとします。 第6条(免責事項) 当社の債務不履行責任は、当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。 当社は委託主と他の関係業者または第三者との間において生じた取引、連絡または紛争等について一切責任を負いません。 当社が委託主のためにヨーロッパ現地にて手配した取引先の債務不履行責任は、故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。 第7条(利用規約の変更) 当社は、必要と判断した場合には、委託主に通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。 第8条(権利義務の譲渡の禁止) 委託主は、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは 義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。 第9条(合意管轄) 本契約に関して生じた一切の委託主と弊社間の紛争については、 当社のあるドイツ・ベルリンの該当の裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。

2017年1月1日制定

[:]