ミュンヘン郊外に出かけてきました

ミュンヘン郊外に祀られる木で作られたホップ

今年のミュンヘンはとても暖かく3月には春の陽気と
なりました。そこでミュンヘン市内から電車とバスに
乗り継いで1時間ほどの近郊の街に行ってきました。
標高700メートルの丘の上に修道院がそびえ立ち、
バイエルンの田舎の風景を満喫できます。

ミュンヘン郊外の教会
バスを降りて坂を上っていくと建物が見えてきました。
レストラン、お土産屋、ビアガーデン、
ビール醸造所などが集まっています。

ミュンヘン郊外の教会
丘の頂上に見えるオレンジ色の屋根が教会

ミュンヘン郊外の俯瞰景色
街の景色が一望できます。

ミュンヘン郊外にある教会の建築
ロココ調が美しい教会内部

ミュンヘン郊外のビアガーデンでコンサートを観るお客さん達
歩くのに疲れたら、ドイツ料理やこの土地で作られた
ビールが楽しめるレストランで休憩。暖かくなると
テラスはいっぱいになります。
この日は、オーケストラの演奏がありました。

ミュンヘン郊外に祀られる木で作られたホップ
ビールの醸造をしているとのことで、目印に木で
作られたホップが祀られています。

ミュンヘン郊外のビアガーデン
こちらはもう一つのレストランのテラスからののどかな風景。
天気がいいとアルプスの山を見ることができ、
景色を独り占めにできます。地ビールを飲みながら
日が暮れるまでゆっくりしたいものです。バスに乗らなくても、
電車の駅から1時間ほどのハイキングコースもあり、
遠くから見る修道院を見る景色もまた素晴らしいとのことです。

ピローファイトとベルリンハーフマラソンミュンヘン郊外の湖でロケハン散策